レディー

老人性イボは一刻も早く治したい|加齢と戦おう

メイクによるダメージ蓄積

まつげ

毎日のメイクによってダメージが蓄積されている可能性があるまつげ、セルフケアを心がけることによってその対策を打っていくことが大切です。セルフケア商品の多くは低刺激のものが多いため、肌が弱い人でも安心して使用していくことができます。

読んでみよう

化粧品の選び方と使い方

鏡を見るウーマン

乾燥肌とは、肌の皮脂分泌量が減って角質に水分を保持できなくなった状態のことを言います。乾燥肌のスキンケアを行う際には、化粧品選びを工夫することが大事です。界面活性剤の入っていないクレンジング剤と保湿力の高い化粧水を使用するようにします。擦り過ぎたりせず丁寧なスキンケアを行うことが大事です。

読んでみよう

美肌には温感と保湿が大事

女の人

ホットクレンジングの特徴である温感と保湿の効果により、肌を優しく汚れを落とし、潤いを与えてくれます。その利点はいいことばかりです。正しいホットクレンジングの方法を知り、いつまでも美しく健康的な肌を維持できることを期待します。

読んでみよう

年齢肌のイボ対策

婦人

自然な肌力で除去します

老人性イボは、加齢によって表れるのが一つの特徴です。中高年になると増えてきますが、稀に若い方の肌にも老人性イボが見られます。この老人性イボの改善に広く使用されているのが、植物オイル配合の化粧品です。例えば、杏のオイルにはパルミトレイン酸が含まれており、皮膚の生まれ変わりを促します。老人性イボは、肌の新陳代謝の乱れが一つの原因です。ですので、こういった杏のオイル作用を利用すれば、自然な肌の力でイボが除去出来ます。杏のオイルには肌を保護する作用があり、抵抗力が高められることも評価されている点です。老人性イボの発生には、多くの場合紫外線が影響しており、肌の保護は予防にも役立ちます。パルミトレイン酸が補える貴重な素材として、注目されているのが杏のオイルです。

病気との鑑別が重要です

一般的な老人性イボは、皮膚の良性腫瘍に分類され特に治療の必要がない場合もあります。ですが、老人性イボによく似た皮膚の病気も存在するため、まずは鑑別が重要です。中でも皮膚がんに移行する可能性がある、日光角化症との見分けることが大切になります。目視に頼る病気の鑑別は、皮膚科医でも難しいのが本当の所です。ですので、必要に応じてダーマスコピー検査や組織検査などが行われます。このような検査で老人性イボと確定されれば、自宅でセルフケアも可能です。老人性イボは多発する傾向があり、特に中高年以降は皮膚に気を配ることが求められます。万が一病気の場合は、治療が遅れることが大きなデメリットです。ですので、早めに皮膚科医の診察を受けるように心がけます。