ウーマン

老人性イボは一刻も早く治したい|加齢と戦おう

化粧品の選び方と使い方

鏡を見るウーマン

乾燥肌とは、肌の皮脂分泌量が減ることで角質の水分量が十分に保てなくなっている状態の肌のことを言います。乾燥肌になってしまうと肌に潤いがなくなってしまうため、カサカサした質感になります。また、乾燥によって肌に柔軟性がなくなってしまうためシワができる可能性も高くなります。乾燥肌向けのスキンケアを行うためには、化粧品選びを工夫することが大事です。特に注意した方が良いのがクレンジング剤です。洗浄力が強い界面活性剤入りのクレンジング剤は、肌の乾燥を更に進めてしまう恐れがあります。次に化粧水についてですが、これは保湿力が特に強いものを選ぶようにします。保湿力が高い成分の一つとして、セラミドなどが挙げられます。

乾燥肌を改善して潤いのある肌を保つためには、正しいスキンケアを心掛ける必要があります。前述の化粧品を用意し、肌に優しいスキンケアを毎日行うのです。スキンケアで一番大事なのは洗顔と言われています。特に乾燥肌の場合は皮脂のバランスが取りにくくなっているため、丁寧に行うことが大事です。洗顔の際には、過剰に皮脂分を落とし過ぎないように適量のクレンジング剤で軽く触れるように洗います。強い力で擦り過ぎたり、長時間に渡ってマッサージをしたりすることは禁物です。その後、乾燥肌用の化粧水や美容液で肌に潤いを与えるようにします。こうしたスキンケアを続けることで、肌が潤いをキープできるようになります。自分に合ったスキンケア用品を選び、正しいケアを続けることが大事です。